AIマネジャーは組織のパフォーマンスを上げるのか

こちらの記事、とても挑発的なタイトルですが、個人的にはとても納得できるものでした。

一般企業のマネジャーの9割がAIに置き換えられる理由 | 横山信弘 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

日本を始めとするアジア諸国の多くでは組織の階層構造における上位者の権威を重く捉える傾向があるため、「マネジャー=偉い人、尊敬すべき」とされることが一般的です。マネジャーとは、人間性に優れ、リーダーシップがあり、聡明な人がなるもの。だからこそ、マネジャーは尊敬される。

一方で、マネジャーについて語られる理想が高いが故に、それを体現していない人物がその地位に就くとさまざまな批判を浴び、居酒屋でのサラリーマンの会話の多くが上司の悪口、という悲しい現象が生まれたりもしています。

人間はもともと高度な情報社会における判断が得意ではありません。我々の遺伝子は原始時代のままですから、客観的な事実を積み重ねて合理的に判断するよりも、感覚に基づいて瞬発的に判断することが得意です。でなければ、野生動物が闊歩する大平原では生き残れなかった。だから、現代においても我々の判断は「好き嫌い」に大きく左右され、「なんとなく」の嗜好をうわべだけの合理性で脚色して意思決定をしています。結果として、「理不尽な上司」「非合理的な意思決定」が幅を利かせているのです。

あらゆる組織にマネジメントが必要とされる中、人間はこんな有り様。結果として世の中のマネジャーの大半は「期待に応えられていない」のではないかと私は思っています。

であれば、情報社会のデータ分析とスコアリングに基づく判断に優れたAIにマネジャーの役割を担ってもらい、世の中から「ダメ上司」を駆逐する方が、よほど社会全体の生産性が上がるのではないかと考えてしまいます。

AIに従うなんて!と憤るのは筋違いです。マネジャーの役割を「情報に基づいて成功確率の高い行動を決定する機能」だと考えれば、AIマネジャーはカーナビのような存在です。誰もカーナビに「命令されて」運転しているわけではないのと同じく、AIマネジャーは組織のナビゲーションシステムとしてその役割を果たすのです。「偉い」とか「上、下」といった階層意識を捨てれば、それほど突飛な話ではないはずです。

 

 

現代の三河屋 Amazon echoは歌も歌える

先日のAmazon プライムデーで2,980円に値引きされたAmazon Echo Dotを購入しました。もともとGoogle Homeがリビングに設置されていた我が家。さらにAmazon Echo Dot(以降Echo)の投入となり、ますますAI化(笑)が進みます。

「ねえGoogle?」がうまく発音できずに「ねえグルグル?」となって聞き取ってもらえなかった3歳のムスコも、最近では無事に「ねえGoogle?」が言えるようになったばかり。そんな中でさらに「Alexa(アレクサ)」(Echoを起動させるための言葉)が加わって、二人の執事を抱えたお屋敷のようになり、なかなか楽しい展開です。

Amazon Echo Dot、ブラック

Amazon Echo Dot、ブラック

 

 Google HomeとEchoの比較記事は巷に溢れていますが、我が家での印象は「Echoの方が安定していて賢い」というもの。

Google Homeは、ニュースをリクエストすると延々と次から次へとニュース番組を再生するのに対して、Echoはトップニュースのみをさらっと流してくれる。

Google Homeは、エアコンをオンオフするのにいちいち別のデバイス(赤外線を出す専用端末)を呼び出してから指示する必要があるが、Echoは同じデバイスを使っているにも関わらず、あたかもEchoがオンオフしているかのようにスマートにやってくれる。

日本語の聞き取りとそこからのアクションも、Echoの方がミスが少なく安定している。

Echoに「歌を歌って」とお願いした時に彼女(?)が歌ってくれる歌がまた上手で、何度もお願いして歌ってもらっています。歌詞も秀逸。

テクノロジー テクノロジー ♪

なくてはならない テクノロジー ♪

Wi-Fiなしじゃ しゃべれない 音楽だって 選べない ♪

どうしたらいいの お買い物 今何時か言えない ♪

今日も元気 それに感謝しよう そう思うでしょ? ♪

だから 1、2、3で歌おう ♪

テクノロジー Uh- Uh- テクノロジー ♪

歌詞がシュールなのも笑えますが、しっかりアレクサの声でハーモニーを奏でてくれてとても聴き心地のいい歌です。AIと人間の距離を近づけるために、こうした工夫も盛り込まれているのでしょうね。

とは言え、本質的にはAmazonの派遣してきた「三河屋さん」なので、Echoに「お買い物リストに入れる」ようにお願いしたアイテムは、しっかりアプリでAmazonに注文できます。当然ですよね。それが狙いの一つでもあるのですから。もちろん、音声だけでAmazonに買い物の注文をすることも可能。

まだ我が家にやってきて数日なので、これから少しずつ彼女(?)のことを知っていこうと思います。

 

 

 

「この世界の片隅に」戦争を生きた人たちの意外な肉声

先日東京に出張した夜、ホテルの部屋で一人「この世界の片隅に」を見ました。ありがたいことにNetflixで公開されていたもの。

主人公「すず」さんの"ほんわか"とした人柄、物事の捉え方が、背景として描かれる戦時下という過酷な状況・世相との対比の中で清涼感をもっていて、温かな気持ちにさせられる映画。と同時に、そんな過酷さを淡々と乗り越えていく彼女の姿に心打たれる映画でもありました。

この世界の片隅に
 

 この映画を見ていて思い出したのが、今年100歳になる祖父が話してくれた戦争の頃の体験談でした。

若い頃に営業の仕事で日本中に出張して色々な商談をした、と楽しそうに語る祖父に、「それっていつ頃の話?」と聞くと、戦時下真っ只中の昭和10年代後半。当時まだ20歳前後だった祖父によれば、

年上の先輩社員がみんな兵隊に取られてしまったので、出張できる奴が他にいない。当時は若くて経験もなかったが、他に誰も行けないのだから仕方がない、と一人で日本全国を回って営業をしていた。

地方の思わぬ有力者や企業経営者と会ってひょんなことから気に入られて美味いものをご馳走になったり、大きな商談がまとまったりと、楽しかった。

戦争という厳しい状況の下にあっても、その状況をどう捉えるかは人それぞれ。「すず」さんはそのほんわかとした性格で柔軟に状況を受け入れて日々を淡々と過ごしていたし、私の祖父は思いがけず巡ってきた仕事での抜擢と機会を楽しんでいた。

もちろんそこには語られていない辛い経験や挫けそうになる心の中の戦いがあったはずです。戦争などないに越したことはない。それでも、そこに現代の自分たちと同じように日常を生き、仕事をし、楽しさや幸福を感じ取っていた人たちがいた。それを知ることができて、少しだけ救われた思いがしました。

「すず」さんは兄を、私の祖父も複数の兄弟を戦争で失くしています。日常の中に「死」が当たり前にあった時代。そんな時代のことをポジティブに捉えることは難しいですが、生身の人間の口からその頃の話を聞くことができるのもあとわずかの年数。祖父と、またお酒を飲みたいと思います。

 

 

 

 

「健康」の定義を見直そう

「健康が何よりも大切」とよく言われます。「健康はお金では買えない(だからお金のために体を壊してまで働く必要はない)」といった言われ方もします。人生において健康の優先順位はとても高いし、健康であるという状態は健康ではないという状態より良い、というのは誰も反論しないでしょう。

では、ここでいう「健康」とはどういう状態を指すのでしょうか。私はほんの1年くらい前まで、「身体・精神に不調がない=健康」だと考えていました。病気がなく、これといって問題のない状態であれば、「自分は健康だ」と思っていたです。

どうやらこの定義は間違っているぞ、と気づいたのは1年くらい前。食事を見直し、継続的に運動をするようになって半年くらい経った頃でしょうか。体力がついて疲れにくくなり、体の中からエネルギーが湧き上がってくるような感覚を持つようになったことがきっかけでした。「うん、こういう状態のことを健康というんじゃないか」と。

健全な精神は健全な肉体に宿る、とはよく言ったもので、体が健康な状態になると精神もまた強くなっているのを感じることができました。ストレスに対する抵抗力がつき、仕事やプライベートで起こるネガティブな出来事に対しても、落ち着いて理性的に反応できる(あくまでも自分の感覚として)。身体的に疲れが少なく余裕がある状態というのは、精神にも余裕をもたらすのです。当たり前ですが。

この記事を書くにあたって、Wikipediaで健康について調べてみました。

健康の概念は、1948年の設立における世界保健機関憲章の前文にある、以下の定義が有名である。

「身体的・精神的・社会的に完全に良好な状態であり、たんに病気あるいは虚弱でないことではない。原文はHealth is a state of complete physical, mental and social well-being and not merely the absence of disease or infirmit

こうして辞書にも書いてあったのですね。

興味深いのは、「社会的に」という言葉が加わっている点。家族との関係や、職場を含む社会との関係が良好であることもまた、「健康」の要素。そう考えると、「健康第一」はまさにその通りでありながら、いかに健康を保つことが難しいか、に思い至ります。健康であればすなわち幸福でもある、と言えそうです。

 

 

 

電話をかけてくる人は失礼なのか? 礼儀1.0と2.0の狭間で。

突然電話をかけて来たり、「ご挨拶」と称して明確な目的もなく訪問してくるのは礼儀知らずのマナー違反ではないか、という記事が紹介されていました。 

日本人は礼儀もアップデートできていない。礼儀2.0世代が感じる「相手の時間を奪う」非効率なマナー | BUSINESS INSIDER JAPAN 

ここでいう「礼儀2.0」においては、互いに最も貴重な資源である「時間」を尊重し、相手の時間を意味もなく奪うという行為が最も避けるべき事項だとされています。それに対して、日本社会でこれまで重要とされていたのは「自分の気持ち・誠意を(明示的であれ暗示的であれ)相手に見せる」こと。メールより電話、電話よりも訪問の方が「気持ちが伝わりやすい」し「丁寧」だからより良いのだという発想です。記事ではこれを「礼儀1.0」として対比させています。

私も個人的には礼儀2.0に近い嗜好を持っています。かかってくる電話は、相手によるとはいえあまり出ませんし(後から手が空いた時に折り返します)、Face to Faceの面談の時間が取れず予定が先延ばしになるよりは、ささっとウェブ会議形式で話をした方がいいと考えています。名刺も、もらったらスキャンして箱に放り込んでしまい二度と見ることはありませんから、EightなどのWebサービス上で「名刺交換」して済ませてしまっても気になりません。

 コミュニケーションツールが多様化し高度化した現代において、確かに訪問してのFace to Faceの打ち合わせや、形式的な名刺交換・賀詞交換は時間の無駄と言えるかもしれません。

ただ、ここにはやはり落とし穴があります。礼儀というのはあくまでも「相手にとって心地のいい行為」を指すのだということ。自分だけ勝手に「礼儀2.0」にアップデートしても、接する相手が「礼儀1,0」を心地いいと感じる人であれば互いのバージョンには互換性がなく、「失礼」になってしまうのです。当たり前ですが。

 社会に広く共有された慣習・礼儀の概念は、そう簡単には変わりません。また、グローバルな環境下では相手の文化で尊重される礼儀を理解した上でコミュニケーションを取ることは非常に大切です。

価値観や文化・慣習が混じり合い多様化した現代に生きる私たちに求められるのは、これまで以上に「相手が尊重している礼儀を理解する」こと。自分と相手が価値観を共有しているという前提に立つことなく、まずはよく相手を観察し、彼・彼女が「心地いい」と感じるのはどのようなコミュニケーション・関係のあり方なのかを考える、ということなのだと思います。

天ぷらスガキヤ 天丼390円の衝撃はなぜ可能なのか

名古屋にゆかりのある人であれば必ず知っている飲食チェーン「スガキヤ」。主力はラーメン店ですが、運営会社である「スガキヤシステムズ」はうどん店も出しており事業の多角化も行なっています。

そんなスガキヤが6月に新しくオープンしたのが「天ぷらスガキヤ」。ラーメン・うどんから天ぷらへ、という展開は、うどん店で天ぷらを提供しているようなので「なるほど」と言えなくもありませんが、やはりちょっと「?」。

とは言えスガキヤといえば独特なスープが美味しいラーメンを320円で提供する名古屋民の強い味方、ぜひ体験してみようと昨日のお昼に行ってきました。

店内の様子やメニュー、注文から先の流れはこちらの記事が詳しく説明してくれています。

セルフで天丼?「天ぷらスガキヤ」新タイプの天ぷら専門店が名古屋・大須に6月19日オープン! | おいしいなごや

天ぷらチェーンといえば「天や」が海外数店舗を含めて日本国内全域に展開している大手ですが、最もお手頃価格のメニューが「天丼」540円。天ぷらスガキヤのメニューでは相当品と言える「天丼」が550円なので、新業態をスタートするにあたって価格は大手に合わせていることがうかがえます。材料調達の物量の違いや配送コストなどを考慮するとスガキヤ頑張っています。

さらに、看板メニューとして打ち出している「とり天丼」が390円。これは驚きの価格です。揚げたての天ぷらを店内に座って食べて300円台というのは、ラーメン320円のスガキヤの意地を感じさせる価格設定。さすが名古屋民の味方。でも、本当に儲かるのか?大丈夫かスガキヤ

そんな価格設定を実現するための手法とは一体何なのか。興味があったので店内をキョロキョロと見回していました。答えは、簡単にいえば「省人化」への強いこだわり。上記の記事で紹介されている通り、注文はタッチパネル、お盆と空のお椀を受け取って味噌汁・ご飯も自動機でセルフサービス。ボタンを押して白米がウィーン・ボコ!とお椀に盛られるのはなかなかシュールです。

店員が担当するのは調理・会計・食器洗浄・店内管理(片付け・清掃等)ですが、それも兼務体制が工夫され、最低3名でオペレーション可能な設計になっていました。レジ担当が座っているのは回転椅子で、後ろを振り返ると食器の返却口、左を向くと食洗機が配置されており、レジ作業をしていない時には「くるり!」と椅子を回転させて食器洗浄ができてしまうというレイアウトには驚きました。(実際にレジの担当者はくるくると回りながらレジ→返却口→食洗機と作業をしていました)

私が1年の半分を過ごすタイでは、飲食店にはびっくりするほど店員がいます。5人くらいが横一列に並んでぼーっと客を眺めている、なんてことが日常風景として定着してしまうくらいなので、この天ぷらスガキヤの仕組みを導入したら大量の失業者が出てしまいますね。

人手不足・人件費高騰の中での厳しい価格競争という、日本の飲食店が置かれたシビアな事業環境を思い知らされる、興味深い経験でした。

 

 

ZOZOの「お任せ宅配便」 は誰にとっての救世主なのか

ZOZOTOWNが今年から始めた新しいサービス「お任せ宅配便」を3月に利用開始し、3月・6月と2回の宅配便を経験しました。

利用登録をすると、配送頻度(毎月・3ヶ月・6ヶ月など)・服の好み・タイプごとの予算(Tシャツの予算上限は〇〇円まで、など)・自分の体型(部位ごとのサイズを測って結果を入力。話題になったZOZOスーツを利用すればそこからのデータを参照)。最後に任意で自分の写真データをアップロード(スタイリストがイメージしやすいように、とのこと)して完了。あとは箱詰めされた宅配便が届くのを待つだけ。

面白かったのは、服の好みの入力方法でした。服のタイプごとに選択式で好みを入力するのですが、「好き」という積極的な選択ではなく「嫌い・入れて欲しくない」という消極的な選択をさせられるのです。

これは、特に服装に強い関心がなく、「ボートネック」と言われても「?」となってしまう私のようなレベルの消費者には最適。正直なところ、選択肢として並べられているボトムス(まあ、ズボンですね)の種類の名称を見てもほとんどピンと来ませんから、「ミリタリー」といった明らかに自分の趣味に合わないものだけ排除して、あとは「届いてから考えよう」となります。

購入する洋服の選択を「お任せ」してしまいたいと考える消費者がターゲットなのですから、強いこだわりを持っているはずはありません。こだわりがないということは当然に知識もないわけで、そこにアパレルの専門用語を並べて「好きなものを選べ」は無理があります。だからこその消極的な選択。これはとてもいいアイデアだと感じました。

さて、 実際に届いてみてどうだったのか。3月の配送では、6点(トップス2点、ボトムス2点、靴1点、カバン1点)のうち2点を購入。6月は、同じく6点(トップス2点、ボトムス3点、靴1点)のうち5点購入、となりました。返品の際には理由も選択式で入力する(予算が合わない、色が趣味に合わない、など)ので、だんだんと精度が上がってくるような仕組みにもなっているのがいいですね。

それに、宅配便の箱の中には(ウェブ上のマイページにも)それぞれのアイテムの写真付きの説明と、同じく写真付きで組み合わせ・コーディネート例とその説明が添えられています。どう組み合わせて着たらいいのかも皆目わからん、という全くセンスに自信のない人でも、とりあえず写真通りに着ておけばOK、という気楽さも素晴らしい。

このサービスを利用して購入した洋服は自分にとってどんな存在なのか。簡単にいうと、「自分で店に行ったら多分選ばないであろうデザイン・価格帯でありながら、かといって”これは無理!”とはならないレベルのやや冒険的な選択」。妻の反応も聞きながら決めていることもありますが、「少し自分のイメージを変えてみたいが、驚かれるような変化はしたくない」という誰しもが持つ健全な変身願望に応えてくれるように思います。また、上記のように「嫌いなもの」を外しただけなので、普段の自分からはちょっと想像できないデザインのアイテムが含まれていることもあり、いい意味で新しい自分の好みを発見することにも繋がります。

まとめると、「お任せ宅配便」のサービスが直球で決まるのは、こんな人なのではないかと思います。

  • 「おしゃれ」とまで言われたいとは思わないが、それなりに流行を意識した「ダサくない」格好をしていたい。
  • 店に行って洋服を選ぶのが苦手で、ついこれまで着ていたのと同じような保守的な選択をしてしまう。
  • 店員との会話が気恥ずかしく、オススメされる「少し冒険的」な洋服を素直に購入できない。

案外こういう人って多いのではないでしょうか。

もちろん、上記には当てはまらないけれど(店に行って前向きに選べる人、なと)、とにかく出かける時間がない(仕事が忙しい、子育て中で一人でゆっくり買い物に出かけられない、など)という人も十分に満足できるのではないかと思います。

ZOZOを運営するスタートトゥデイのミッション「世界中をカッコよく、世界中に笑顔を」に見事に繋がる素晴らしいサービスです。