読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

またデバイスを増やしてしまった

つい最近、6インチサイズのスマートフォンを新たに購入しました。でも実はこれ、携帯電話としては使っていません。携帯は従来通りiPhone。用途はもっぱら、小型のタブレットとして。

タイで仕事をしていると、とても車の移動が多くなります。まず会社までの通勤に往復2時間。日中に出かけることがあれば、場所にもよりますが往復2時間と言うのはよくあること。そうなると、車内でどう時間を使うかが問題になります。電車や車での移動中は寝ている、という人もいますが、1日4時間以上も車で寝てしまってはなんとももったいないことになります。
そこで、やはりスマートフォンやPCを使って仕事や読書などをしようと言うことになる。メールをチェックしたり、新聞を読んだり、雑誌を読んだり。

僕も色々と試したのですが、まず候補から外れたのはPCによる仕事。タイの道路の路面はとてもでこぼこしているので、とてもノートPCを覗き込んで仕事をできるような環境ではない。もちろんできなくはありませんが、短時間で激しく目が疲労します。となると、当時携帯していたiPhoneでということになった。ところがこれも問題がある。iPhoneの4インチサイズのディスプレイでは、視野が狭すぎてやはりすぐに疲れてしまう。何か他の方法はないか??と行き着いたのが、ファブレットと呼ばれる小型のタブレットまたは大型のスマートフォンでした。

それならiPadでも良いのでは?と言う考えもあると思いますが、iPadはそれなりに重い。ノートPCを突っ込んだカバンにさらにiPadと言う選択は、なかなかできません。
結果的に、車の中での移動時間や会社内をウロウロ歩いているときには6インチのファブレットをポケットに入れて持ち歩き、iPadはもっぱら自宅での新聞や雑誌の購読に使うようになりました。部屋の中にいる時も、ベッドに寝転んでいる時などは6インチのほうが都合が良く、徐々にiPadの出番が減っています。
事実上の携帯二台持ち、となったわけですが、思わぬメリットも。購入後1年以上が経ってバッテリーが弱ってきたiPhoneが、もっぱら電話とメッセージアプリ用になったことで、丸一日充電なしでも過ごせるようになりました。携帯の電池残量を気にせずに生活することができて、少しストレスが減った気がします。

こちらが今回購入した機種。新興国向けモデルということで、日本では売られていません。スペックはフラグシップモデルよりも劣りますが、僕のような使い方であれば全く不便を感じる事はありません。価格もかなり抑えられていて、満足です。