読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 新型iPadが、というよりも日本語による音声認識が開く未来が楽しみ

新型iPadが発表され、同時にiOS5.1が発表・リリースされました。それによって、iPhone4Sと新型iPadでは日本語による音声認識入力が可能になり、人工知能Siriの機能も日本語化されました(iPadには一部機能の搭載のみ)。
さっそくネット上ではSiriに日本語でいろいろと話しかけて遊んでいる人がたくさんいるし、僕も少し遊んではみたのだけれど、Siriの知能は残念ながらまだ発展途上で、とても「アシスタント」というレベルではないというのが正直なところ。アラームやリマインダーをセットするくらいはスムーズだけれど、双方向の対話形式で情報を入手したり加工するにはまだまだ。これからの学習と進化に期待したい。
それはさておき、今回のリリースで何より素晴らしいと感じたのは、日本語をかなり正確に聞き取ってテキスト化する能力がiOSデバイスに備わったこと。ビジネスシーンでもiPadを使うことは今後どんどん増えてくるだろうけれど、ネックになっていたのは文字入力の煩雑さ。それを今回の日本語音声認識は大幅に、あるいは完全に補ってしまうかもしれない。
営業が外出先やクルマの運転中にメールに返信したり、顧客データベースにコンタクト履歴を残す。あるいは、手が塞がっていたり汚れていたりする工場の現場で、社内の情報共有データベースに情報を入力する、など。これまではキーボードがないとできなかった作業が、特にストレスなく実現できる。
また、キーボードやIT機器そのものにアレルギーがあって触らなかった人たち、タッチタイピングがあまりにも遅くて二の足を踏んでいた人たちを、テキスト入力の世界に押し出す力がある点も大きい。組織の中でITを使った情報共有に不熱心な人たちの第一の理由は、そうしたIT機器へのアレルギーと、タイピングに対するコンプレックスだったりするものなので、そうしたネガティブ感情を払拭してくれる効果が期待できる点はとても楽しみ。
日本語版Siriの能力についてはこの記事が詳しかったので、紹介しておきます。

日本語対応した「Siri」でオトナの限界に挑む!