読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 iPad + キーボードという道具

かれこれiPadを使い始めて2カ月程度が経過しました。iPhoneと比べれば圧倒的に使用時間は短いですが、そのポテンシャルの高さ、応用範囲の広さにはやはり魅力を感じます。
最近新しく導入したiPad関連アクセサリがBluetoothキーボード。AppleiPad発売以前からリリースしている製品ですが、iPadにも一応は対応していて、文字入力用として重宝します。iPad用のキーボードという意味では、充電・同期の機能も備えた「キーボードDock」というのが別にあるのですが、こちらはiPad本体固定用の台がついている分多少大きく、持ち運びを想定していないためNG。結局シンプルな方を選ぶことになりました。
ノートPCを持ち歩かずiPadのみを持って外出という機会(通勤時も含めて)が増えているのですが、そこで問題になるのが文字入力。もちろんiPad画面上で操作するソフトウェアキーボードでも入力は可能なのですが、圧倒的にスピードが遅いという難点があります。キーを押した感触がないためどうしてもミスタイプが多く、打鍵のムダが多すぎるのです。
結果としては、iPad + キーボードというのは大変快適です。普段は本体のみで使い、長文文字入力の際だけ鞄からキーボードを取り出して使うというスタイル。ノートPCを持っているのと同じでは?という疑問を持つ方もいらっしゃると思いますが、iPad本体だけで使うケースの方が多いので、やはりノートPCとは快適さが違います。
とまあ、Apple擁護論・iPad大好き論になってしまうのですが・・・

Kazuteru Kodera